ニキビ 肌荒れ 治らない

2014年ニキビ対策人気No1 MELLINE(メルライン)

 

メルライン

 

10種類もの保湿成分が入っているのはメルラインだけ!

 

乾燥がしやすく、ニキビができやすい「あご・フェイスライン」のケアの為に、潤い成分をたっぷり入れ、開発されました。10種類もの保湿成分があなたのお肌の潤いを守り、プルプルお肌を保つ秘訣と言えます。

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No2 リプロスキン

 

リプロスキン

 

ニキビ痕の凸凹・赤らみ・黒ずみ対策に ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水!

 

Reproskin(リプロスキン)はニキビ痕が気になっている人に オススメするニキビ痕専用導入型柔軟化粧水です。 ゴワゴワになったお肌を 柔らかくして、浸透力を上げてニキビ痕をケアします!! 毎日お喜びのお声を頂戴しています。今度はあなたがこの柔軟性を実感する番です☆☆

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No2 ラ・ミューテ

 

ラ・ミューテ(lamutee)

 

雑誌やTVでも話題沸騰!女性ホルモンに着目した高級ローズ化粧品!

 

高機能でありながら、シンプルさにもこだわった「洗う」「潤す」「補い守る」3つのステップで、潤いとハリに満ちた、女性本来の美しい肌への階段をご用意します!大人ニキビ、肌荒れ、乾燥が気になる方にご好評頂いています!

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No4 JewelRain(ジュエルレイン)

 

ジュエル・レイン

 

たった1STEPで背中ニキビのケアができてしまう!

 

JewelRain(ジュエルレイン)は保湿に大変優れ、乾燥する冬や紫外線の怖い夏でも潤いのあるお肌を保ちます。たった1STEPなので時間のない朝やなにかと忙しい方にも手軽に毎日使い続けることが可能です。

 

 

 

2014年ニキビ対策人気No5 ビーグレン

 

ニキビケア(本製品)

 

どんなにを細かく泡立てても、泡は空気のボール(シャボン玉)でしかなく、肌の表面に留まり、毛穴の中まで入ることはありません。ですから、泡洗顔ではニキビの原因となる毛穴の奥に詰まった汚れや古い角質まで取ることはできないのです。

 

この問題を解決するのが、天然クレイ「モンモリロナイト」です。超微粒子(ナノサイズ)のモンモリロナイトは、毛穴の奥まで入り込み、汚れや古い角質を吸着して、毛穴の外に排出する自然の性質をもっています。敏感な肌にもやさしくニキビ洗顔には最適です。

ニキビと洗顔

 

ニキビの人は予防や改善につながるのが洗顔です。美肌になりたい人は洗顔法を正しい洗顔法にするということは最近テレビや雑誌などでも特集されていることが多いので ご存知の方も多いと思います。洗顔がなぜ美肌やニキビに重要なのかというと、スキンケアをいくら色々としていても洗顔というのは一番の基礎になりますから、正しい洗顔方法をしなければいけないのです。ですが、間違った洗顔方法をしていても効果は現れせん。たとえば良く勘違いされやすいのが、洗顔の回数を増やせばそれで清潔な肌を保つことができるのかというとそうではありません。何度も洗顔をすると顔の皮膚に皮脂がなくなってしまいます。そうすると皮膚は何とか皮脂を分泌して保湿をしようとしますから、より皮脂の分泌を活発にするということになり、そのためにニキビが出来やすい肌になってしまうのです。ということは洗顔の回数を増やしたところで正しい洗顔とはいえないということがわかります。ニキビのことや美肌のことを考えた場合には石鹸は弱アルカリ性の石鹸を使う方がいいと言われています。冬場などはそのままにしていても乾燥しやすい時期ですから、乾燥しないように皮脂を残しつつしっかり洗うことが大切です。

 

では具体的な美肌、ニキビ予防のための洗顔方法を紹介します。洗顔はいきなりするのではなくて、洗顔前にはまずは手を洗います。手が汚れていると、その汚れを顔に塗るようなものです。そして髪の毛が長い人はとめておきましょう。少し時間があるという場合には蒸しタオルを使って毛穴を開かせると洗ったときに、汚れが落ちやすいです。メイクを落とす場合でも、しっかりと毛穴を開いてからにするといいと言われていますから出来るならお風呂に入っていきなり洗顔をするのではなくて、美肌やニキビのことを考えるのであれば、少し毛穴が開くまで他の部分を洗っておくとか湯船につかるなどして毛穴を開かせておくといいと思います。そしていよいよ洗顔ですが、まずはお湯だけで洗いましょう。そして、洗顔料やせっけんでまず手で泡を立ててから泡で包み込むように洗います。ごしごし洗うと皮脂を取り過ぎる可能性がありますから、ごしごしこすらないで優しく包むように洗いましょう。そして洗顔をした後のタオルでの拭き方も注意が必要です。タオルでごしごしふくのではなくて、タオルを当てて拭き取るような、押し当てるような形で水分をふきあげて完了となります。